HOME

業務内容

お問い合せ

会社概要

交通案内

 当社は水道GLP認定事業所・ISO/IEC 17025認定事業所です。

 第三者部外審査機関である財団法人日本水道協会、及びASNITEにより、品質マネージメントシステム・試験設備類・分析技術者の技能等について現地審査を受け、適切な試験所であることを証明する認定を取得しています。

 これらの取り組みにより、性格で精度の高い分析結果を、迅速にお客様に提供致します。

・内部精度管理による測定値の精度と正確さの管理を毎日実施しています。

・外部精度管理による測定値の正確さの監視を定期的に実施しています。

 

水質調査

 

 環境基本法に係る河川水・地下水等の環境基準の検査、水質汚濁防止法・下水道法に係る工場排水等の検査、水道法に関する検査、法律・条例の規制に基づくプール水、浴槽水および温泉水等の検査を行っています。

 また、ダム湖の調査、底質調査、排水処理装置等の工程検査等、現場へのサンプリングを含め、幅広い分野の水質検査に対応できます。

<水道水の検査>

<飲用井戸水の検査項目>

<飲料水の検査>

<クリプトスポリジウム・ジアルジア検査>

<河川水検査>

<排水検査>

<プール水検査>

<浴槽水検査>

<温泉成分分析>

<農薬分析>

 

大気測定

 環境基本法に係る環境基準の調査、大気汚染防止法に係る事業所の排ガス測定、悪臭防止法に係る特定悪臭物質・臭気濃度の測定、ビル管理法に係る空気環境測定等、法律・条例等の規制に基づく測定を行っています。

 また、焼却炉や建築物の解体に伴う空気中ダイオキシン類・粉じん・アスベストの調査や、酸性雨調査等、サンプリングも含め核種の大気測定に対応できます。

<煙道排ガス>

<悪臭>

<一般環境大気>

<ビル管理法に基づく空気環境測定>

<シックハウス調査>

<解体に伴う大気等の調査>

<解体に伴う大気等の調査>

<温泉施設のガス調査>

土壌調査・廃棄物分析

 当社は指定調査機関に登録しています。

 土壌汚染対策法に基づく調査は、結果によってその土地に対する土壌汚染対策の方針が左右されるため、信頼できる調査結果が必要です。そこで、

調査を的確に実施することができる者を環境大臣が指定し、土壌汚染対策法に基づく土壌汚染の調査は、その指定を受けた者のみが行うこと

とされています。この環境大臣から指定を受け、土壌汚染対策法に基づく調査を行う者が、指定調査機関です。

騒音・振動調査

 騒音・振動は、日常生活に密着した公害で、発生源が多種多様であるため苦情の件数は公害の中でも常に上位を占めています。

 環境基準に係る一般環境騒音、道路交通騒音や騒音規制法・振動規制法に係る事業所、建設作業の騒音レベル・振動レベルの測定・解析・評価を行っています。

 また、騒音レベルの予測や、環境基準の面的評価等の業務も承ります。

作業環境測定

 労働者の健康を維持し、職業疾病を予防するためには、作業環境管理、作業管理、健康管理を適切に行い、快適な作業環境を確保する必要があります。

 そのために作業環境測定が必要であり、労働安全衛生法で測定が義務づけられています。

化学物質・廃棄物・異物等

 アスベスト、ダイオキシン類、シックハウス、農薬、PCB等の化学物質の検査や、水道水・食品中の異物の同定を行っています。

 また、産業廃棄物の溶出試験、ゴミ質、焼却残渣等の廃棄物処理施設の維持管理に関する検査もお任せ下さい。

   水・大気・土壌・排ガス・焼却場の作業環境及び廃棄物等の調査

生物調査・自然環境調査等

 河川等の大型底生動物調査、湖沼・ダム湖における動物プランクトンおよび植物プランクトンの調査です。また、自然環境調査に関わる植生調査・動物調査・景観調査等を行っています。

 川の中には様々な生物が生息していますが、川底に住んでいる生きものは、過去から調査時点までの長い時間の水質状況を反映しています。それらの水生生物を指標として、水質の程度を知ることができます。

 この水生瀬私物調査では、どの生き物が多く見つかったかを総合的に見て、水質階級を判定するために指標生物が四つの区分に分けられています。

 

放射能・放射線量の測定

 原発事故で飛散した放射性物質による食品・大気・水質・土壌・廃棄物等の汚染が顕在化し、安全性を確認することが重要となっています。

 計量証明事業所としてお客様のニーズに応えるべく、いち早く核種の放射能測定の検査態勢を整備し検査依頼を受け付けています。

 詳しくはこちらをご覧下さい。

遺伝子検査

 環境分野でも採用され始めた、レジオネラ属菌・クリプトスポリジウム類の検査です。

 「遺伝子検出法は、標的遺伝子の一部断片を PCR 等の増幅技術により特異的に検出するもので、近年では研究に限らず、医療や感染症の診断、環境試験等の種々の目的で利用されている。この方法により標的遺伝子は存在の有無として定性的に、あるいはコピー数として定量的に検出される。」(厚生労働省HPより)

 近年では、医療分野・食品分野で既に実用化されており、各種のウイルス性疾患の診断、遺伝子組み換え食品の検査、食料品等の産地特定などで盛んに用いられています。

 また、環境分野でも浴槽水等のレジオネラ属菌検査で遺伝子検出法が導入されました。さらに、水道水のクリプトスポリジウム類の検査においても多数の遺伝子検出法が報告されており、厚生労働省において、現在検討会を設置し導入が検討されています。

 従来の洗濯培地による培養検出や顕微鏡検出法は、その技術の習得に多大の時間を要し、また分析者の個人差も生じやすいことから、迅速に検出可能で分析者の負担が少なく、かつ再現性、感度が高いことなど、様々な特徴を有する遺伝子検査方法の、広い分野での応用が期待されています。

 当社は、先進的で将来性のあるこの検査方法をいち早く取り入れ、検査態勢を整備しました。現在、環境分野での検査依頼を受け付けています。

リアルタイムPCR測定

ダム湖等の水質調査・温泉法に基づく検査等

 ダム湖の水質調査や温泉の検査は多くの実績があります。

そのほか、プラント、浄水場で使用する薬品類の毒劇物一般販売も行っています。

総合調査など

   県アセスメント条例に基づく調査、廃掃法に基づく生活環境影響調査、自然環境調査

   音環境解析(騒音・振動の予測、振動騒音対策等の調査)

   総合的な環境調査を実施し、報告書を作成します

   環境基本計画、廃棄物処理基本計画、地球温暖化防止実施計画、生活排水対策、河川・湖沼等の浄化対策等の調査

   ホタル養殖装置特許第3012485号

   河川・湖沼の水生生物(カワゲラ調査)、藻類、ベントス等の調査解析

   ダイオキシン類、アスベスト等のサンプリングおよび分析

   飲料水、土壌、製品、食品、廃棄物等